丈夫で美しく何世代にも住み継がれる家。

欧米やかつての日本でも、家は子孫の代まで残すのが当然の考えで建てられていた。ところが現代の日本の住宅事情は、建ててから20〜30年で建て替えを勧められる。

新築の住宅ローンをやっと払い終わるころにはもう建て替え時期で…となるわけだ。それよりも丈夫に建てて、いい家を孫の代まで住み継いでいただきたいものである。

丈夫で美しく何世代にも住み継がれる家。それが鈴木建築店の100年住宅です。100年基準に建てる、木の住まいの古くて新しい工法を支えるのが、自社プレスカット工場です。

外材は一切使わず、純国産だけにこだわり、木を知り尽くした確かな目とノウハウで、高品質の木材を低コストで提供できるのも自社工場ならではのもの。

そして、地球環境への配慮と光熱費抑制を考え、今後必要不可欠なアイテムとして、高断熱・高気密・24時間換気システム・床下放熱暖房システムといった最新性能を積極的に推進。

家は自然素材、暮らしは、省エネ・エコライフで、持続可能で未来に繋げる暮らしをお約束します。何世代にも住み継がれる心地よい家は、呼吸して環境と調和する。

そして、気候の変化や地震にも柔軟に耐え、永い時を経て最後は土に帰る…。それこそが生きている家、そして「家の原点」だと私たち、鈴木建築店は考えます。

Tomokichi Suzuki